ロゴ

フィンテックの普及による影響

フィンテックの普及はビジネスや生活など、さまざまな影響を与えています。スマートフォン一つで買い物や送金をすることができたり、家計簿や会社の帳簿をスムーズに管理できるなど、金融取引をより便利に行うことができるようになりました。

フィンテック導入が進む業界ランキング

男女
no.1

小売業界・飲食店

スマートフォンをかざすだけで手軽に支払いができるモバイル決済や電子マネー、クレジットカードなどフィンテックは小売業界や飲食店で浸透しつつあります。現金のやりとりをする手間を省くことができるため、レジの効率化に役立てる店が多いようです。

no.2

金融機関

スマートフォンやネットで貯蓄をしたり振り込みをするなど、銀行へ行かなくても口座が管理できるフィンテックの導入が進んでいます。アプリなどを利用する顧客の動きからニーズを読み取り、サービス向上へ繋げていく金融機関もあります。

no.3

保険業界

AIやビッグデータを活用したフィンテック保険と呼ばれるものが、保険業界で広まりつつあります。端末などから顧客の健康状態を分析し最適なアドバイスをしたり、自動車保険ではスマートフォンから車の運転技術を判断するなど活用されています。

自社での導入を検討しよう

フィンテックは小売店や飲食店で素早い決済に役立てることができるなど、業務の効率化を図ることにも活用できるほか、新たな顧客サービスを生み出すためのデータ収集に活用することもできます。自社のサービスにフィンテックを導入することで、業務の効率化や顧客ニーズを素早く察知するなど、さまざまなビジネスシーンで役立つことが期待できます。

フィンテックとブロックチェーンの違い

ビットコインを支えるために必要

ブロックチェーンはビットコインを取引した履歴を記録する台帳です。取引を記録する単位がブロックと言われるもので、それが鎖のように繋がり取引履歴が追加されていくことからブロックチェーンと呼ばれています。ビットコインを支える重要な技術として注目されています。

分散型台帳技術とも呼ばれている

ブロックチェーンはフィンテックの技術の一部です。ブロックチェーンは分散型台帳技術とも言われています。一つの場所に情報を集める中央集権型の管理ではなく、複数の場所にデータを分散させることによって、情報の漏えいや改ざんなどのリスクが抑えることができます。

導入することで便利になる【フィンテックの優れた機能をチェック】

社内

フィンテックを導入することで得られる利点

フィンテックを導入することによって、経理業務を大きく変えることができます。タブレットに接続するだけと言ったシンプルな端末で、クレジットカード決済やモバイル決済を簡単に安く導入することが可能です。クラウド上で決済履歴の確認をすることもできるので、管理しやすくなります。また財務会計をサポートするフィンテックを導入すれば、入力業務のサポートや経営分析に役立てることもできます。経理業務にかかる時間の削減や、効率化することによって人件費の削減にも繋がるかも知れません。決済サービスを増やすことによる新たな顧客の獲得、レジの効率化、経理業務の効率化などフィンテックの導入によってさまざまなメリットが期待できます。

[PR]
グループウェアを会社に導入
システム内容をチェック!

[PR]
香港で会計サービスを実施中
海外進出をしたいなら必見☆

[PR]
オンライン面接を導入
人事採用にかかる時間が短縮できる

[PR]
ビジネスチャットの機能をカンタン比較
仕事効率を向上させよう

[PR]
スケジュール共有システムを導入
日程の調整がスムーズができる!